派遣とバイトの違い

mv

アルバイトとはどう違うか

興味のあるアパレル業界で生活費を稼ぐために働きたいけど、様々な事情で正社員は難しいという人は案外多いものです。
配偶者の転勤、介護、育児、通院などの事情があって、採用の難しさや就職後も職場の拘束が軽い非正規雇用の方が都合が良いという場合です。
正社員以外での勤務形態としては、王道なのが派遣社員として働く方法や、アルバイト・パートとしての勤務が考えられます。
どちらも時給制の労働という点を考えた時、アパレル派遣とバイトには、一体どんな違いがあるでしょう?

1.時給の違い

始めに気付く違いとしては、やはり時給の差です。
アパレル派遣社員の時給はバイトやパートよりも高時給なのが一般的です。地域や企業規模によって異なりますが、派遣社員の場合は1400円前後が平均となり、 アルバイトの平均的な時給が1000円程度であるのに対して高額になっています。
海外とやり取りをするアパレル会社では時給が2000円を超える所も沢山あります。
その分、派遣社員は職務内容もある程度の技能や知識が必要ですが、収入を優先する人はアルバイトよりもまず派遣社員としての仕事探しをするのが先決です。

2.勤務形態について

アパレル派遣の派遣社員は一般企業と同様のスケジュールで動くことが多いため、営業時間内での勤務が多いでしょう。
土日の勤務があったとしても、規則的なシフト制になっていますから、生活リズムを大切にする場合、派遣が良いでしょう。 しかし、バイトよりは仕事上での拘束が強くなるといえます。
一方、バイトは多少は勤務時間の融通がきくため、柔軟に働きたい人に適しています。
その代わりに、勤務時間自体が少なくなりますので、派遣よりも給料が減少する要因にもなります。

3.キャリア形成における違い

バイトと派遣の違いとして、中でも重視すべきなのがこのキャリア面です。
というのも、何らかの事情で非正規雇用として働く場合でも、今後を考えた場合、どうしても派遣が有利だからです。
将来転職や復職を考えた場合、よりスキル向上できる派遣がおすすめですね。