メインイメージ画像

オーディションを受ける際の年齢制限は順守しましょう

オーディションの応募条件ですがオーディションに年齢制限がある場合には、定められた制限以上でもあるいは以下でも、エントリーできません。十八歳以上というのなら十八歳を含むように、以上と以下は先に付く年齢を範囲に含みますが、未満の場合には該当の年齢は入らないので気をつけましょう。応募自体は自主的に行動するものですので、年齢制限に引っかかっていてもできますが、条件を満たしていないのでしたらグランプリはおろか、一次審査にも受かることは無理でしょう。年齢制限ではじかれてしまったという場合には残念ですが断念して、似たような条件の異なるオーディションに応募するようにして下さい。

年齢制限を通過するのに、年齢を偽るのは厳禁です。オーディションの応募した人全員について年齢の確認をすることはないので、偽りは直ぐにばれず、審査に受かれば上手く切り抜けたかのように感じられるかもしれませんが、後に必ず偽証は発覚します。偽りがばれれば残れません。万一にでも上位に残ってしまえば、オーディションに多大な損害を及ぼしたとして、賠償を求められることもあります。

厳重注意だけで済んでも、偽った過去は関連の業界でブラックリストにのることになり、未来永劫一切審査の通過はなくなります。才能があっても条件さえあえば選ばれる底力はあったとしても、歩めるはずだった将来を棒に振るといった行いとなります。タレントでもモデルでも歌手でも、デビューの際に年齢を詐称する人が全くいないわけではないです。最近では年齢を詐称することは社会的問題ともなり得ますが、昔はそんな重要なことではないと無視されることもありました。

しかしながらそれも事務所の方針であって、売り出す側が故意に行わせる詐称です。年齢詐称についてはまだ選ばれていない段階で、選んでほしい人間のするべきことではありません。どうしても年齢制限に納得できないのならば、正面からぶつかってみましょう。年齢で除外されることを不本意だと訴え、その情熱で例外的に認めさせることができれば、少なくとも不要なトラブルは防げます。

更新情報